横浜緑園丘の上クリニック 横浜市泉区新橋町53-1 045-810-0250

診療のご案内

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ

笑顔とこころでつながる認知症医療

タウンニュース掲載記事のご紹介

アクセス

横浜市泉区新橋町53-1
045-810-0250
駐車場12台

相鉄いずみ野線

緑園都市駅・弥生台駅より

緑園都市駅 <=> 弥生台駅 行バス

みやこガーデンバス停

下車徒歩すぐ

アレルギー外来(花粉症外来)

当院では、アレルギー外来(花粉症外来)を行なっております。

治療方法は、アレルゲン免疫療法(減感作療法)を用いて

症状の緩和を行なっております。

 

【花粉症外来】

スギ花粉によるくしゃみや鼻水、目のかゆみなどアレルギー症状に悩まされている人には

舌下免疫療法を行なっております。6月から開始いたします。

診療は火曜日、金曜日に瀧澤医師が担当します。

お気軽にご相談ください。

関連記事:タウンニュース6月11日号のページへ

関連記事:タウンニュース4月9日号のページへ

関連記事:タウンニュース2月26日号のページへ

 

<<アレルゲン免疫療法とは?>>

アレルゲン免疫療法とは、アレルギー疾患の原因であるアレルゲンを少量から体内に吸収させることでアレルギー反応を弱め、症状を緩和する免疫療法です。

 

<<花粉症とは?>>

 花粉症は、アレルゲンと呼ばれる原因物質(スギやヒノキなどの植物の花粉)によって、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす病気です。

 

<<花粉症におけるアレルゲン免疫療法とは?>>

舌の下にアレルギーの原因物質(アレルゲン)を含む液体をごく少量滴下し、体内に吸収させ、徐々に液体の量を増やし、体をアレルギーに慣らします。この投与を継続的に行うことで症状を緩和させていきます。

薬の服用とは異なり症状を抑えるのではなく、体のアレルギー反応を弱め、体質自体を改善することで長期的な効果が期待できます。

当院では、舌下投与による「舌下免疫療法」を行っております。

 

ページTOPへ